ACL-01節 上海上港戦 落ち着けない戦い

soccer-eye-catchACL
field

試合情報

2018年ACL 第1節

2018年2月13日 19:00 KO
等々力陸上競技場
川崎フロンターレ vs 上海上港

試合結果

川崎フロンターレ 0 – 1 上海上港
得点者
エウケソン(23分、上海)

フロンターレ先発メンバー

1列目 小林
2列目 家長 中村 大久保
3列目 ネット 大島
4列目 登里 谷口 奈良 エウシーニョ
G K  ソンリョン

フロンターレ交代選手

中村 in、阿部 out(71分)
家長 in、長谷川 out(81分)
ネット in、守田 out(86分)

試合内容

悪くない序盤

試合の入りは良かったと思います。相手との接触を嫌がらずに体を張り、ボールを支配しながら、ブロックを作ってくる相手に対して足下のパスや浮き球での相手CB裏への揺さぶりをかけていました。相手の攻撃もうまく切っていて、辛抱は必要ですがペースを握りながら試合を進めていけるのではないかと感じていました。

早すぎる失点

23分に失点。ゼロックス杯での失点が26分でした。ソンリョン選手へのバックパスから、右サイドの深い位置にいた奈良選手にフィード、ここに相手選手が詰め寄り、前線にフィードすることが出来ずに相手のスローインに。その後のセンタリングに谷口選手が対応できず、また、登里選手のブロックも及ばずにエウケソン選手に決められてしまいました。相手に崩されたものではなかったので、もったいない失点でした。

ソンリョン選手のバックパスに対する対応

奈良選手と相手選手の距離が迫っていたので、ソンリョン選手が奈良選手にパスを出した時に危ないと思っていましたが、大きくクリアする、または、左サイドにフィードしていればと思います。

この場面だけ出なくソンリョン選手のフィードには改善が必要に思います。パスをつなぐチームであることを意識しすぎているのか、無理なパスが多いと思います。パスを受けた選手が困らないようなフィードを心がけてもらえればと思います。クリアでもいいのです。

落ち着いて戦えない

先に失点し焦ってしまい落ち着いて戦えなくなったように感じました。良い序盤の入りでしたが失点を機に慌てて雑なプレーが増えたように思います。ボールを保持しながらペースをつかむことが出来なくなり、無理な縦パスや不正確なパスが増えリズムを悪くしていきました。それでも相手ゴールに迫る場面はありましたので、決して悪い出来とは思わずに見てました。しかし残念ながら、得点チャンスをものに出来ず敗戦となりました。

悪くない戦い

今日の試合はそれほど悪いと思いませんでした。33分の中村選手のヘディングシート、70分の家長選手のシュート、89分の大島選手のボレーシュートが入っていれば勝てたわけです。運が悪かった、相手GKがあたっていたなどの理由もありますが、最後の技術に問題があったということでしょう。さらなる練習で技術を高めていってほしいと思います。

攻撃のパターンを増やせ

サイド攻撃の有効性

フロンターレの戦い方はパスをつないで真ん中を攻略することが中心になっています。しかし、実際には中央突破からの得点はそれほど多くないと思います。2017シーズン30節広島戦から最終34節大宮戦までを見ると、中央突破からの得点は30節広島戦の奈良選手→中村選手→三好選手のゴール、34節阿部選手→家長選手→小林選手の2点目ぐらいです。

逆に、カウンターやサイド攻撃からの得点は、同じ期間を見ると、31節柏戦の車屋選手→知念選手、車屋選手→小林選手の得点。33節浦和戦の家長選手→小林選手、34節の家長選手→小林選手の1点目とあります。決して中央突破だけで得点しているわけではありません。

今日の試合では相手が中央を固めてきていましたが、そこをこじ開けようとしてパスを通すことにトライしていました。前から言われていることですが、一度サイドに当てて基点を作れば相手のブロックを広げることが出来ると思います。中央突破もできるしサイドからも崩せるバランスの良いチームだったはずです。次戦に期待したいと思います。

攻撃の組み立てのバリエーション

ゆったりと攻撃を始めるフロンターレですが、攻撃の基点が定まってしまうと相手に対応されてしまいます。今日はネット選手に依存しすぎの印象を受けました。サイドを使えなかったのもそうですが、CBの谷口選手と奈良選手が攻撃の組み立てに積極的に加わってもらいたいと思いました。この二人からネット選手への、ただ渡すだけの短いパスが効果的でない気がしました。

2017シーズンを思い出すと、12節の大島選手のスルーから小林選手→阿部選手のゴールにつながった谷口選手の縦パス。30節広島戦の中村選手→三好選手のゴールにつながった奈良選手の縦パスなどがあります。ネット選手と大島選手に過度に依存しない攻撃の組み立てが出来るようにCBの2人には期待します。

雑感

  • 家長選手の調子は悪くなさそう
  • エウシーニョ選手は怪我の影響は気にならず
  • 今日の登里選手は満点、連戦で車屋選手を休ませる目処がついた
  • 家長選手に代えて長谷川選手と入れると守備に迫力がなくなる
  • 守田選手途中投入活躍するが、スタメンにはまだ早いか
  • ボランチの出入りができるようになってきた

次の試合(ACL MD2 蔚山現代 アウェイ)

1列目 阿部 大久保
2列目 家長 ネット 大島 小林
3列目 車屋 谷口 奈良 エウシーニョ
G K ソンリョン

サイドを使う意味でも、4-4-2のフォーメーションもいいのではないかと思います。これでも力が落ちるスタメンではないのですから。

コメント