川崎フロンターレ 14連戦はじまる

フロンタ01その他のフロンターレ

14連戦始まる

本日の松本山雅戦から14連戦が開始します。63日間で14試合がスケジュールされています。試合間隔も短いものが多く、中5日の試合が連戦最後のアウェイ浦和戦だけです。それ以外は、中3日、中4日となっています。

フロンターレの連戦中のスケジュールです。

日付間隔H/A大会相手
3/3113AJ1-05松本
4/54HJ1-06C大坂
4/104AACL-03蔚山
4/143AJ1-07鳥栖
4/194HJ1-08湘南
4/233HACL-04蔚山
4/284AJ1-09神戸
5/34HJ1-10仙台
5/73HACL-05上海
5/124AJ1-11清水
5/174HJ1-12名古屋
5/213AACL-06シドニー
5/264AJ1-13大分
6/15AJ1-14浦和
6/1412HJ1-15札幌

厳しいながらも救いはある

火・水曜開催のACLですが、他のチームも同じタイミングでルヴァンカップが開催されます。若手起用が条件のルヴァンカップと強豪と戦わなければならないACLでは、起用される選手が異なるとは思いますが、そこは選手層の厚さでカバーしなくてはなりません。試合間隔については、ACL参加していないチームとそれほどハンデがあるとは思いません。

ACLについて上海上港との試合がアウェイでないことが救いです。ACLグループリーグの最終節にアウェイでシドニー戦が待っていますが、ここまでにグループリーグ突破を決めていれば、疲労の少ない選手で臨むことができます。そこまでのACLの戦い方が重要です。

怪我人の回復が待たれる

怪我人の回復がまだ完全ではないようで、本日の松本山雅戦にも主力選手欠場の予想が出ています。とは言え、この2週間のブレークで回復した選手も多いようなので、豊富な筈の選手をやりくりして連戦を乗り越えて欲しいと思います。

ここ数年日本代表ウィークがフロンターレの療養ウィークになっています。日本代表の試合に出場できないのは不幸なことですが、その分フロンターレで存分にプレーできるよう調整してきています。フロンターレサポーターとしては微妙ですが、フロンターレの試合では体調十分で戦えるよう期待しています。

上位チームに独走を許してはいけない

まだ第5節を消化中なので慌てることはありませんが、いつの時点でも上位にいることはいいことです。昨年同様に開幕直後上位に位置しているFC東京、サンフレッチェ広島は試合内容はともあれさすがだなと感じます。

グランパス名古屋は前線からの守備が効いているようです。どこかのチームがここ数年マスターした戦い方のような気がしますが、5試合で13得点と羨ましい限りです。

また、ガンバ大阪とヴィッセル神戸の殴り合いは面白かったです。こんな試合フロンターレではもう見られないのでしょうか。

mixhost

コメント