J1-12節 名古屋グランパス戦 この試合の評価

ワルンタ01J1リーグ
スポンサーリンク

試合情報

2019年 J1リーグ 第12節

2019年5月17日 19:00KO
等々力陸上競技場
川崎フロンターレ vs 名古屋グランパス

試合結果

川崎フロンターレ 1-1 名古屋グランパス
得点者
マテウス(45分、名古屋)
ダミアン(69分、川崎)

フロンターレ先発メンバー

1列目 知念
2列目 長谷川 中村 阿部
3列目 大島 田中
3列目 登里 谷口 ジェジエウ 馬渡
GK ソンリョン

フロンターレ交代選手

ダミアン in、田中 out(55分)
斉藤 in、阿部 out(60分)
脇阪 in、中村 out(80分)

絶賛された試合内容

この2チームでJリーグを引っ張っていけるか

確かに面白い試合でした。面白いという意味は、応援しているチームが一方的に好きなことができているという意味ではなく、瞬きすることすらもったいないと思われるほど緊張感があり、一気に攻守が入れ替わり余裕を持って観戦することが難しい試合だったということです。

これまで試合に臨むにあたり、試合前から緊張感が漂う試合とリラックスして臨んでいた試合があったことは事実です。浦和レッズ、鹿島アントラーズの2チームとの戦いは常に緊張感がありました。そこに名古屋が加わったとこの試合で感じました。

パス回しとは関係のないゴールシーン

相手に余裕を与えない攻守の切り替えの早さや、それをかいくぐって相手陣に侵入するプレーには、一喜一憂して観戦していました。偶然性を期待しているようないい加減なパスは本当に少なく、意図を持ったパスをきれいに繋いでいた両チームだったと思います。

一方で、得点シーンは両チームともロングキックからフィジカルに優れたFWがヘディングで競り勝ち、そこから生まれたものでした。あれだけ緻密にパスをつなげるのに、ロングパスを放り込んだプレーでの得点、結局は相手を崩しきれなかったというのが正当な評価だと思います。

優勝して初めて評価される

両チームのサポーターだけでなく、サッカーメディアでもこの試合の評価は高いものがあるようです。そのことは否定しませんが、結局は強くなければ意味がないことをフロンターレサポがよく知っていることです。2017年から2年連続で、高い技術をベースとしたフロンターレが連覇を遂げ、フロンターレが上手いだけではなく、強いことも証明してきました。2連覇の王者が引き分けの試合に満足していてはいけません。フロンターレは既に発展途上の新参者ではないのです。

実際にはJ1リーグには両チームより上位にもっと強いチームがいます。後半戦のアウェイでの名古屋戦では、首位と2位という立場で戦えるよう両チームとも良い結果をだし続けてもらいたいと思います。

反省忘れず

この試合のベストプレー

この試合には見所が満載で、90分間通して驚きと喜びの連続でした。そんな良いプレーが満載された試合の中でも、ベストプレーと感じたシーンがありました。

後半の名古屋の攻撃を凌いだ場面

時間で言うと82分から84分の時間帯のプレーです。フロンターレは自陣に押し込まれ、右サイドから攻撃され続けていました。中にはファーサイドにジョー選手が待ち構えていました。上海上港戦の2失点目と同じように右サイドからファーサイドへセンタリングをあげてきた場面です。

結果的には谷口選手がジョー選手に体を預けて自由にヘディングさせないことで、シュートはゴールバーを超えて外れました。

右サイドを攻略されているときに、最終ラインの並びは左から、長谷川選手、登里選手、谷口選手、ジェジエウ選手となっていました。ジョー選手は登里選手にくっついて手を挙げてセンタリングを待っています。フロンターレの弱点を知っていたのでしょう。

名古屋が右サイドで時間をかけている間に、谷口選手がその状況に気が付き、登里選手とポジションを入れ替えて、ジョー選手のマークに付いたのです。その直後にセンタリングが上がってきて、先に述べたようにジョー選手に自由にヘディングをさせなかったのでした。

明らかに登里選手はジョー選手とのポジション争いを嫌がっていましたし、その状態でセンタリングを挙げられたらジョー選手に自由にヘディングをされたのではないかと思います。上海上港戦の反省を活かせたこのシーンこそがこの試合のベストプレーです。

奮闘する選手達

長谷川竜也

前節の出場時間が30分程度の出場だったっこともあるのでしょうが、この試合では90分間フル回転のプレーを見せてくれました。もう一息だ。頑張れ。

大島僚太

見た目からは想像できませんが、同じ1993年生まれのガブリエルシャビエル選手。今後も手に汗握る局地戦をみせてくれるでしょう。

中村憲剛

前節清水戦のブログで中村選手のことを触れました。怪我明けにしては随分調子は良かったと思います。ただ、トップ下を務めるのならもっと得点に絡むプレーを期待してしまいます。

次の試合

ACL-第6節
5月21日(金)19:00 
ネットストラタ ジュビリー スタジアム
シドニーFC
ACLグループリーグ最終戦。自力勝ち抜けの可能性はなくなっていますが、ここまで1勝2敗2分けの成績です。せいぜい五分はしたいところです。

リーグ戦は調子が悪くなってきましたが、既に4勝で勝ち抜けを決めている広島はさすがです。昨年の鹿島のようになるのでしょうか。

コメント