J1-34節 札幌戦 世代交代の兆し

ワルンタ01J1リーグ
スポンサーリンク

試合情報

2019年 J1リーグ 第34節

2019年12月7日 14:00KO
札幌ドーム
コンサドーレ札幌 vs 川崎フロンターレ

試合結果

コンサドーレ札幌 1-2 川崎フロンターレ
得点者
小林(1分、川崎)
脇坂(13分、川崎)
ルーカスフェルナンデス(34分、札幌)

フロンターレ先発メンバー

1列目 小林
2列目 阿部 脇坂 家長
3列目 大島 田中
4列目 車屋 谷口 山村 守田
GK ソンリョン

フロンターレ交代選手

知念 in、脇坂 out(54分)
旗手 in、阿部 out(85分)
ダミアン in、小林 out(90+1分)

マリノスに刺激を受けたに違いない

若手の躍動

J1-33節の横浜Fマリノス戦で刺激を受けたに違いない選手達が試合開始直後から躍動してくれました。早い時間帯に失点する傾向の多かった今シーズンのフロンターレとしては、キックオフ直後に前線から上手く相手を追い詰め、あっという間に先制点をゲットしました。きれいにバスをつなぎスピードに乗った攻撃でした。

こういうプレーができるのは基礎技術が高いからに他なりません。縦パスを入れた脇坂選手はすぐに走り出します。受けた守田選手は脇坂選手に戻し(実際には相手DFが触っているようですが)、またリターンを受けます。守田選手はダイレクトで走り込んできた田中選手へ、田中選手は一瞬溜めてからスルーパス。最初から走り込んでいた脇坂選手が折り返し小林選手がゴール前で押し込む。

なんとも美しいゴールでした。パスを繋いでゴールをあげたシーンとして記憶されているのは、2018シーズンのJリーグ最優秀ゴール賞を受けた、J1-30節神戸戦の大島選手のゴールですが、これに匹敵するような素晴らしいゴールでした。

このゴールは2つの点で嬉しい

まずは、そのプレーに係わった選手達の顔ぶれです。起点は脇坂選手、パス交換に加わったのは守田選手と田中選手でした。少し前までは中村選手が絡んでいないと得点があげられない時期があり、それが大島選手の成長により中村選手への依存度が減ってきていました。この得点はその中村選手が不在で、大島選手も直接にはパス交換に絡まないで得点につなげたことが何よりもうれしい事でした。

二つ目は、速い動きのなかで高い技術を示したことです。動きながらプレーできると評判の脇坂選手はドリブルをしながらも正確にボールの受け渡しをしていました。本領発揮といったところでしょうか。田中選手は脇坂選手が走り出して守田選手にボールを出した瞬間に、ポジションを変えて、守田選手からボールを受けやすい位置に移動しています。そして慌てずに一瞬溜めてから脇坂選手にボールをそっと出します。

脇坂選手と守田選手は入団2年目で、田中選手は3年目です。技術が衰えているとの説が巷に出回っていますが、このプレーはそんなことはないとの若い選手達の反論のように思います。

まだまだ足りない

しかし早い時間帯に2点取ってからは、押し込まれる状態が続きました。この辺が横浜Fマリノスとの違いでしょうか。前節の横浜はフロンターレ相手に3点取って試合を決めました。この試合フロンターレは3点目を取って試合を決めることができなかった。この差が大きいように感じます。

今シーズン追加点を取れずに最後に逆転される、あるいは同点にされる試合が多くありました。点を取りにいこうとしていたとは思いますが、点を取り返しに来る相手のパワーを押し返すことができなかったように思います。

攻撃的なチームの称号を横浜から奪回するためには、1、2点で満足せずに、どんどん点を取るようなプレーをし続けて欲しいと思います。

試合前のインタビューで鬼木監督は応えていました、「大事なのは先制点。打ち合いは避けたい。」と。攻撃に積極的なコメントではないように思いました。先制点と追加点を取ったので、打ち合いを避けるために攻撃をゆるめたのか、と穿ってみたくなります。「先制点を取って、どんどん追加点も取る。」ぐらいの気持ちでいないと選手達は踊らないのではないでしょうか。来シーズンはもっと積極的な姿勢で臨んでもらいたいと期待します。

勝点60で終えたリーグ戦

直近10シーズンの結果

2連覇後のシーズンで4位に終わることで残念な気持ちがありますが、長い期間を振り返って慰めることにします。

  • 2010年 勝点54(5位、首位は勝点72)
  • 2011年 勝点44(11位、首位は勝点72)
  • 2012年 勝点50(8位、首位は勝点64)
  • 2013年 勝点603位、首位は勝点63)
  • 2014年 勝点55(6位、首位は勝点63)
  • 2015年 勝点57(2ndステージ制、勝点では6位、首位は勝点74)
  • 2016年 勝点72(2ndステージ制、勝点では2位、首位は勝点74)
  • 2017年 勝点72優勝、2位は同勝点72)
  • 2018年 勝点69優勝、2位は勝点57)
  • 2019年 勝点604位、首位は勝点70)

ここ10シーズンの結果です。4位は順位としては5番目に良い結果で、勝点60点は同勝点で4番目に多い勝点になっています。

また、勝点ベースで3位以上が4回、5位以上までに広げるとなんと半数以上の6回になり、Bクラス(18チーム中9位以下)が1回しかありません。4位で残念になるのは贅沢な嘆きなのかもしれません。

勝点60の評価

悪い結果ではないとは理解しているものの、1年を通して気分が晴れなかったのは、ホームゲームでの成績の悪さです。多くのサポーターが直接ゲームを見ることができるホームゲームでの結果が悪いため、とても印象が悪くなったのだと思います。

16勝6敗12分(勝点60)の結果をホームとアウェイで分けてみると以下のようになります。

  • ホーム:5勝3敗9分(勝点24)
  • アウェイ:11勝3敗3分(勝点36)

ホームの結果を見る限り、とても4位に位置するチームとは思えません。ホームとアウェイが逆ならまだ印象としては良かったのではないかと思います。

やはりサポーターが大勢いるホームゲームではいい結果を残して欲しいのです。来シーズンのホームゲームの奮起に期待します。

選手の起用

また、選手の起用についてももやもやとした気持ちが出てきます。選手の事は監督が一番分かっていると理解していますし、そのときにベストの選手を起用していることは信じています。

試合に出場した特定の選手がダメだったと言うつもりはありません。しかし、今シーズンは良い選手が多数所属していたので、あの選手を見たいなぁ、と期待を込めて感じていたことも事実です。結果がついてこないこともあり、選手起用についてもやもやとしたものが残ってしまいました。贅沢な悩みなのかもしれません。

奮闘する選手達

車屋紳太郎

今シーズン後半の車屋選手はこれまででベストのプレーを見せたのではないかと思います。試合前後のコメントにも自覚を感じるものが増えてきた気がします。CBをこなしたり、右SBをしたこともあったように思いますが、来シーズンは左SB定着で、サイドを切り裂くようなプレーを見せてもらいたいと思います。

脇坂泰斗

なかなか90分使ってもらえない脇坂選手ですが、自分の特徴を試合の中で発揮できるようになりました。止める・蹴るの技術は高いですし、シュート感覚はピカイチです。来シーズンは最初からトップ下を任せられる事も多いと思いますが、長老がいればなぁ、と思わせないようなプレーができるはずです。

田中碧

今更コメントも必要ないかもしれませんが、今シーズンいつも楽しみだったのは田中選手のプレーです。2018シーズンに4試合178分しか出場していない選手が、すっかり主力として存在感を増し、Jリーグベストヤングプレーヤーを受賞、A代表に選出されました。筋トレにより逞しくなったことはプレーに現れています。課題としてはスピードだと思います。

フロンターレ2020シーズンの始動は?

フロンターレの2019シーズンの試合は終了し、12月8日に解団式がおこなわれました。次の活動は1月に行われる川崎大師での必勝祈願です。毎年1月10日〜15日の間に行われているようですが、2020年はちょっと事情が異なります。

それはACLプレーオフの出場権を獲得した場合には1月28日に試合が組まれているからです。ACLプレーオフから出場が決定しているFC東京は1月6日から始動すると報道がありました。

フロンターレがACLに出場するとなると同じように早い時期からの始動となるのではないかと思います。負け惜しみですが、天皇杯に残っていなくて良かったのかもしれません。

コメント