ルヴァンカップ決勝戦 コンサドーレ札幌戦 祝!優勝 ダークサイド編

ワルンタ01フロンターレ
スポンサーリンク

試合情報

2019年 ルヴァンカップ決勝戦

2019年10月26日(土) 13:05 KO
埼玉スタジアム2002
コンサドーレ札幌 vs 川崎フロンターレ

試合結果

120分
コンサドーレ札幌 3-3 川崎フロンターレ
得点者
菅(10分、札幌)
阿部(45+3分、川崎)
小林(88分、川崎)
深井(90+5分、札幌)
福森(99分、札幌)
小林(109分、札幌)

PK
コンサドーレ札幌 4-5 川崎フロンターレ

フロンターレ先発メンバー

1列目 ダミアン
2列目 阿部 脇坂 家長
3列目 大島 田中
4列目 車屋 谷口 山村 登里
GK 新井

フロンターレ交代選手

交代
中村 in、脇坂 out(64分)
小林 in、ダミアン out(73分)
長谷川 in、阿部 out(91分)
マギーニョ in、大島 out(100分)

退場
谷口(94分)

優勝にかき消された問題点

優勝にかき消された問題点も多い

あまりにも劇的な試合展開と諦めずに勝ち取った優勝に喜びも倍増しましたが、試合自体は、カップ戦になると出てしまう大きなミスと修正されない今シーズンの問題点が見られた、決して良い内容ではない試合でした。優勝の喜びは前回のブログに綴りましたので、ここではダークサイドに落ちて問題点を厳しく指摘したいと思います。

ルヴァンカップの歴史に残る好ゲームとの評価もありますが、サッカーに詳しくない人から見ればそういう見方もできると思います。しかし、札幌の野々村社長も言っていたようですが両チームの間にははっきりと力の差があります。90分で試合を決められずにPK戦にまで至ってしまったこの試合は、決して褒められた内容ではないと評価しています。

カップ戦の決勝という一発勝負には、必ずしも実力の差が試合結果に直結しないことは良くあることです。前半だけでも多くのチャンスがありましたので、相変わらず決定力が欠けていたなと嘆くことになります。また、あってはならない時間帯に2失点するという、今シーズンの問題点が現れた成長が見られない試合でした。

カップ戦の決勝なので引き分けはなく、延長戦とPK戦と進むことで最終結果に救われました。しかし、これがリーグ戦であれば、試合終了直前に同点にされブーイングがでてもおかしくない試合だったことは重く受け止める必要があります。

ルヴァンカップの忘れがたい記憶がひとつ増えた

これまでのルヴァンカップの試合には今でも忘れられないシーンが残っています。2009年のFC東京戦の米本選手のシュートをGK川島選手がはじき出せなかったシーン。2017年の何が起きたか理解できなかったエドゥアルド選手の空振りのシーン。守備ばかりが悪い記憶に残ってしまうのはかわいそうな気もしますが、この試合では前半10分の失点シーン。車屋選手が白井選手に入れ替わられたあまりにも軽いプレーは一生記憶に残りそうです。

前半10分であのような軽いプレーは、第29節G大阪戦で登里選手が試合開始直後に見せた不用意なプレーからの失点に重なるものがあります。先制点を与えると苦しい戦いになることが分かっているにも係わらず、軽いプレーでチームに負担をかけるのはそろそろ止めないといけません。

3バックのチームへの対応が未成熟

記憶に残るのは車屋選手が置いて行かれたシーンですが、3バックのチームへの対応が不十分であることはこの試合に始まったことではありません。ミスマッチを起こす3バックのフォーメーションの両WBのマークに誰がつくのかあやふやに見えます。

この失点シーンの札幌の選手の位置取りは以下の通りでした。ゴール前にはボールに近い方から鈴木選手、ジェイ選手、菅選手と3人並び、チャナティップ選手は少し後ろでペナルティエリアのライン上あたりで待ち構えていました。攻撃に参加していたのは、トップとシャドウの2人、両WBの2人の合計5人でした。

これに対してフロンターレは、車屋選手はボールホルダーにマークに行こうとして入れ替わられてしまい、谷口選手は車屋選手が置いていかれたこともあり、ドリブラーに近づきながらセンタリングをカットできるようなポジションをとりました。実際にヘディングでセンタリングに触って角度を変えることはできていました。山村選手は鈴木選手のマーク、その後ろで登里選手はジェイ選手のマークについていました。両ボランチは中を締めていましたので、大外の菅選手は全くフリーでした。

このあたりのマーク担当やマークの受け渡しはチームでルールができている筈ですが、ルールを守れていないのか、そもそもルールができていないのか、とにかく3バックの相手への対応が全く改善されなかったシーズンを象徴するシーンでした。

J1リーグ残り5戦で3バックを採用しているチームが、広島、浦和、札幌と3チームあります。前線に人数をかけてくる横浜FMもマークの受け渡しが上手くいかないと簡単に失点につながりそうです。はたしてこの問題点は解消できるのか、しっかりと対応力を見せてもらいたいものです。

セットプレーの問題点

主力メンバーに小柄の選手が多いフロンターレです。以前に比べれば、少しは身長の高い選手も増えてきたように思いますが、それでも大型の選手を相手にしたセットプレーでは圧倒的に不利になります。

試合終了間際の失点もセットプレーからでした。札幌がGKも含めて全員ペナルティエリアに入ってきたこともありますが、あのポジションの相手の選手を大島選手がマークしなければいけないというのも気になります。しかもGKのマークには阿部選手がついていましたし、こう見るとセットプレーは明らかに弱点になっています。

試合後の札幌選手のコメントで、スカウティングであの辺りが狙い目と分かっていたと報道されています。最初の山を超えれば、そこにいるのは大島選手と阿部選手なのですから。体格が小さい選手は小さいなりの体の当てかたがあると言われていますが、そのようなトレーニングをしっかりやる必要がありそうです。

アディクトTVでフロンターレ取材歴の長い江藤高志さんが面白い話を引き出しています。これは今年名古屋グランパスの風間監督が解任されたときに行った、赤鯱新報の今井雄一朗さんの電話によるインタビューです。

アディクトTV#6「風間八宏監督解任と今後について、赤鯱新報の今井雄一朗さんに聞きました」

14分ごろからのクロスの練習の功罪についてのコメントが興味深かったです。クロスの練習をしないから、「攻めでも守りでも競り合うことができない」と発言がありました。今井さんと江藤さんの主観が入っていると思いますが、なるほどと思わせます。センタリングの練習をしないということは、センタリングから点を取る練習の不足に繋がるだけでなく、センタリングを弾き返す守備側の練習不足にもなるということです。

風間前監督から鬼木監督に変わって3年目ですので、セットプレーを含めセンタリングの練習をしていないことはないと信じますが、小柄の選手達がゴール前の競り合いでもう少し力を発揮できる工夫をしてもらいたいと思います。

守備のできないボランチ

怪我明けの大島選手に厳しいことを書き続けていますが、この試合でも守備に回ると最後のひと踏ん張りが効いていないように見えました。筋肉系の怪我が怖くて全力で踏ん張ることができないのかもしれません。あまりにも簡単に相手にぶち抜かれてしまうシーンが見られ、ボランチのポジションとしては失格の烙印を押されてもおかしくないプレーでした。

先を読む力で相手のパスをカットし、低い重心で体を入れて相手からボールを奪いきっていた2017シーズンの大島選手を期待するのは無理なのでしょうか。2017シーズンJ1第25節横浜FM戦は大島選手の守備力で勝った試合だったと思うほど大島選手の守備力の向上に驚いていたのですが。

体が大きくなってきて相手とのフィジカルコンタクトにも積極的に参戦する田中選手はこの試合でも前半に鈴木武蔵選手との見応えのある競争を見せてくれました。相手のボールを奪うのが得意でかつ攻撃力も身についけてきた守田選手。運動量とスタミナが豊富で危ない場面には顔を出して相手の攻撃の芽を摘む下田選手。ボランチの競争はとてもハードになってきています。

怪我明けのためにまだまだ本調子ではないのだと信じますが、大島選手の今の状態ではポジションが確保されているとは言いがたい状態です。

残り5試合

J1リーグ優勝は諦めない宣言

ルヴァンカップで諦めずに戦うことで優勝杯を勝ち取ったフロンターレが、優勝祝勝会でJ1リーグも諦めずに戦うと公言したことは当然の成り行きでしょう。とはいえ、残る5試合には簡単には勝てない強豪達が待ち構えています。

11/02 サンフレッチェ広島(ホーム)
11/05 浦和レッズ(アウェイ)
11/09 鹿島アントラーズ(アウェイ)
11/30 横浜Fマリノス(ホーム)
12/07 コンサドーレ札幌(アウェイ)

フロンターレが苦手とするフィジカルの強い当たりを得意とする広島。2017年のアジア王者で今シーズンもACL決勝まで駒を進めているアジア最強の浦和。怪我人も戻りつつありJ1優勝を必達目標としている鹿島。フロンターレをはるかに上回る超攻撃的なスタイルで優勝を目指すポジションまでたどり着いた横浜。そして、ルヴァンカップのリベンジに燃える札幌。

ここに来て新たに怪我人も出ていて一層厳しい状況になってきました。優勝という結果はともかく、戦う姿を見せてくれるのか注目します。見ていて消化不良の試合が多い今シーズンで、戦う姿に心揺さぶられたのはJ1リーグ第19節のFC東京戦とルヴァンカップ準決勝第1戦の鹿島戦だけです。今シーズンのカップウィナーとしての今後の試合に期待します。

次の試合

J1-第30節
11月2日(土)15:05 KO
等々力陸上競技場
サンフレッチェ広島
10月29日(火)に浦和戦を消化した広島が中3日で等々力陸上競技場に登場します。ルヴァンカップ決勝で退場処分を受けた谷口選手もこの試合には出場できないことが発表されました。出場停止の3人と新たな怪我人が重くのしかかります。

コメント