ルヴァンカップ決勝戦 コンサドーレ札幌 ベテランが矜持を示す

skyフロンターレ
スポンサーリンク

試合情報

2019年 ルヴァンカップ決勝戦

2019年10月26日(土) 13:05 KO
埼玉スタジアム2002
コンサドーレ札幌 vs 川崎フロンターレ

試合結果

120分
コンサドーレ札幌 3-3 川崎フロンターレ
得点者
菅(10分、札幌)
阿部(45+3分、川崎)
小林(88分、川崎)
深井(90+5分、札幌)
福森(99分、札幌)
小林(109分、札幌)

PK
コンサドーレ札幌 4-5 川崎フロンターレ

フロンターレ先発メンバー

1列目 ダミアン
2列目 阿部 脇坂 家長
3列目 大島 田中
4列目 車屋 谷口 山村 登里
GK 新井

フロンターレ交代選手

交代
中村 in、脇坂 out(64分)
小林 in、ダミアン out(73分)
長谷川 in、阿部 out(91分)
マギーニョ in、大島 out(100分)

退場
谷口(94分)

祝!ルヴァンカップ優勝

総力戦でルヴァンカップを制す

ACL出場チームとしてルヴァンカップはプライムステージからの出場になったフロンターレです。名古屋と鹿島と戦ったホームアンドアウェイの4試合、そしてこの決勝戦と合計5試合を戦ったわけですが、そこで試合に出場した選手は20人。出場していない選手は怪我で出場ができない選手ばかり。プレーできる選手はほとんど出場した総力戦だったと思います。

ダミアン選手と脇坂選手のコンビという今シーズンの新しい力を先発に起用し、そこにここ数試合好調を維持している家長選手が絡んで多くのチャンスを作りました。何点でも入るのではないか思うほどでしたが、現実はそう甘くなく、結局は延長戦に突入、PK戦を経て優勝杯を獲得しました。

名古屋戦の初戦ではフロンターレとしては珍しいぐらい相手の裏を狙う攻撃を繰り出し、先制した後には見事なカウンター攻撃で追加点を決めました。鹿島戦ではがっぷり組んだ上で逆転勝利をあげ、多くの選手がいろんな勝利のバリエーションを見せてくれました。

この試合も後半からは、中村選手、小林選手を投入し試合をコントロールし、延長戦でも長谷川選手、マギーニョ選手が投入された役割を理解したプレーを見せ、選手達の活躍は素晴らしかったと思います。

審判と戦わず

延長戦前半の谷口選手の退場には驚きました。VARで確認した後にレッドカードが出されました。プレーを何度見ても納得しがたい部分もありますが、主審並びにVAR担当審判の合計3名の判断がレッドカードだったということですので、これが基準であると納得し、今後のプレーに活かしてもらいたいと思います。谷口選手が実際にフィールドから出るまでに時間がかかっていましたが、フロンターレの成長を感じたのはここで審判と必要以上にやり合わなかったことです。

思うような判定がなされないと、その後のプレーに集中力が欠けてしまうような事が多いフロンターレです。等々力陸上競技場での試合でも、審判と戦っているように見える試合が何度もありました。それに拍車をかけるように審判にブーイングをするサポーターにも問題があると思いますが、この試合では谷口選手にレッドカードが出された後でも、審判と戦うことなく落ち着いて試合に集中できていました。

強靱なメンタルを示す

決定的なシュートを外すことも多く、高い技術に裏付けられた攻撃的なチームとしての強いフロンターレを見せつけることにはならなかったと思います。しかし、プレー内容とは別に強靱なメンタルは日本中に示すことができたのではないでしょうか。

J1初制覇した2017シーズンには信じられないようなプレーが多く見られました。この試合と同じように人数が少ない状態での逆転劇を見せた第29節仙台戦。とてもサッカーができるようなフィールドではなかった雨中試合で追いついた第31節柏戦、スーパーセーブを見せ続けていた東口選手の守るゴールを試合終了寸前にこじ開けた第32節G大阪戦。押されまくったなかで見事にカウンターを決めた第33節浦和戦。

これらの試合で見せてくれた強いメンタルがこの試合で蘇ってきたようでした。タイトルを取れないことでメンタル的に弱いと思われていた感もあるフロンターレですが、この試合でメンタルの強いことを見せつけることができました。

ベテラン達が矜持を示した

試合後のコメントで田中選手が、「ボールが足につかないというか、ゆっくりプレーせざるを得ない状況だった」と決勝戦の緊張を語っていました。元セレソンのダミアン選手は別としても、決勝戦で中村選手を差し置いて先発出場した脇坂選手にも緊張は襲ってきただろうと思います。この経験は糧となって今後のプレーに活かせると思います。

一方で、ベテラン選手達のプライドが示されました。落ち着いたプレーぶりでGKの股間を抜くシュートを決めた阿部選手。フィールドを縦横無尽に走り回り攻守に渡り存在感を示した家長選手。人数が減った後も落ち着いて試合をコントロールし、セットプレーで狙ったとおりに得点を演出した中村選手、ピンチには必ず発揮する超人的な得点感覚で2得点を挙げた小林選手。谷口選手の退場後でも最終ラインを安定させていた山村選手も含めて良いでしょう。

鬼木監督が今シーズンは競争のシーズンだと述べていましたが、ベテラン勢が若手との競争に晒されてきたシーズンの最終盤のルヴァンカップの決勝戦で、ベテラン選手達が素晴らしいプレーを見せてくれました。

3年連続で獲得したJリーグのMVPトリオ。その中でも王様として君臨していた大宮から移籍し、苦労しながらも昨シーズンはMVPを獲得した家長選手。チャンピオンチームのMVPのプレッシャーがどれだけ厳しいものなのかは、この試合後にスポーツ紙に寄せられた家長選手の奥様の手記を読むとよく分かります。そんなプレッシャーを吹き飛ばすようなプレーを思い返すと自然と涙腺が緩んでしまいます。

J1リーグ最高の第2GKだとは思っていたが

9月4日のルヴァンカップ名古屋戦から先発出場の座を獲得している新井選手の充実ぶりにはこれまでも触れてきた通りです。これまでは試合に出場すると時折危なっかしいプレーを見せハラハラさせてくれていました。今シーズンはすっかり安定したプレーを見せています。

7年目としてチームの古株になったからなのか、暖かい家庭を築いたからなのか、ソンリョン選手という見習うべき素晴らしいGKと3年以上一緒にトレーニングをしてきたからなのか。いずれにせよ新井選手史上トップコンディションにあるのは明らかです。

フロンターレはGKを育てるのが上手くないと思ってきました。若手GKを獲得しても大成せずに他チームに移籍することが多く、正GKとして活躍するのは他チームで実績を上げてきた選手ばかりでした。

いよいよフロンターレ育ちの正GKとなるのか、今後の活躍と来シーズンへの期待が高まってきます。

奮闘する選手達

大島僚太

小林選手に出した浮き球のアシストパスは素晴らしかったです。あの体勢から小林選手が見えて浮き球でパスを出すなんて、いよいよ中村選手のバードアイも我が物にしたようです。ゴール前に迫るプレーも見せてくれましたが、何より感心したのはトラップです。どんなボールもきれいにピタッと止めるトラップは他の選手には見られない芸術品です。

山村和也

谷口選手の退場後にマギーニョ選手を投入できたのも山村選手の安定感があったからです。今シーズンいろんなポジションで起用されましたが、やはり最終ラインが一番フィットしていると思います。怪我で戦列を離れている奈良選手やジェジエウ選手が戻ってくると大変な競争になりますが、決してCB序列第4の選手ではありません。

次の試合

J1-第30節
11月2日(土)15:00 
等々力陸上競技場
サンフレッチェ広島
警告によって家長選手と車屋選手が出場停止選手となります。ルヴァンカップで退場処分となった谷口選手の扱いがまだ発表されていませんが、こちらも総力戦になること間違いありません。優勝報告会でまだJ1リーグは諦めていないと社長を始め発言がありましたが、その気持ちが見える試合を期待します。

コメント