サッカー 2020 スケジュール報道

soccer-eye-catchACL
field
スポンサーリンク

2020スケジュールがリークされた

スポーツ紙が2020年初のスケジュールを報道

一部スポーツ紙のサイトで2020年のスケジュールが報道されました。オリンピック期間中は全面的に休止することが決定されおり、そのためJリーグとルヴァンカップの開催が早まると報じています。

以下のように報道していますので、正式発表ではなくリーク記事と理解しています。(スポニチサイトより抜粋)

来季のルヴァン杯が、史上初めてリーグ開幕戦前に開幕することが12日までに判明した。この日、J1、J2、J3実行委員会が都内で開催され、来季の日程概要が通達された。来月の理事会で正式承認される。

スケジュール(報道ベース)

ACLのスケジュールまで前倒しになる理由がよく分かりませんが、ACL、ルヴァンカップ、J1リーグは以下のようなスケジュールになっています。XEROX Super Cupについての報道はありませんが、例年J1リーグ開幕の1週間前なのでそのように記載してあります。

(2020スケジュール、報道ベース)

  • 1/28 ACLプレーオフ
  • 2/11 ACL一次リーグ開始
  • 2/15 XEROX Super Cup(未報道)
  • 2/16 ルヴァンカップ グループステージ
  • 2/21 J1開幕

2019年のスケジュールは以下のようになっていました。ACLとルヴァンカップが3週間前倒しになるようです。

(2019スケジュール)

  • 2/16 XEROX Super Cup
  • 2/19 ACLプレーオフ
  • 2/22 J1開幕
  • 3/05 ACL一次リーグ開始
  • 3/06 ルヴァンカップ グループステージ

一番大変なのは、今シーズンの天皇杯の決勝戦(2020年1月1日)に進出して優勝できずに終わり、かつ、J1リーグの結果からACLのプレーオフから出場しなければならないチームでしょう。そうなるとオフはほとんどありません。鹿島アントラーズがそうなる可能性があります。

スケジュールを表に纏めたものはこちら

日本サッカー 試合スケジュール(12月以降J1開幕まで)
日本サッカーの年末からJ1開幕までのスケジュールです。テレビ放送予定もあり。SAMURAI BLUE、なでしこジャパン、EAFF E-1サッカー選手権、U-22日本代表、U-23AFC、ACLの予選、Xerox Super Cupまで。。

フロンターレのスケジュールはどうなる

フロンターレのスケジュール

フロンターレは既に天皇杯で敗退していますので、J1リーグの最終節2019年12月7日をもってオフに入ることができます。また、ACLへの出場が未定ですが、出場する場合には、プレーオフからの出場の可能性が高く1月末から公式戦が始まることになります。

キャンプの内容を変えなければならない

毎年フロンターレはシーズン前のキャンプを2回に分けて行っています。1次キャンプは宮崎で、2次キャンプは沖縄で行われています。

ACLのプレーオフから出場するとなると、1月中旬から1次キャンプ、一旦ACLのプレーオフを戦って、その後に2次キャンプとなるのでしょうか。1次キャンプ終了時にチームとして機能させなければなりませんので、これまでのキャンプとは異なった内容にしなければならないでしょう。

日本代表の試合も詰まっている

日本代表(フル代表)

フロンターレの2019シーズンは12月7日のJ1最終節で終わると言いましたが、その後日本代表(フル代表)はEAFF E-1 サッカー選手権(旧名:東アジア選手権)に参加します。国内組が中心になると言われているこのチームにフロンターレからも選手が選出される可能性は高いと思います。

(EAFF E-1 サッカー選手権スケジュール、開催地:韓国)

  • 12/10 中国
  • 12/14 香港
  • 12/18 韓国

11月19日にベネズエラと対戦するKIRIN Challenge Cupには、大島選手と車屋選手が選出されており、EAFF E-1 サッカー選手権にも選出される可能性がありますし、12月21日に準決勝が開催される天皇杯に残っているチームからの選手選出を控えるようであれば、フロンターレの他の選手の招集も否定できません。

選手にはシーズンオフにしっかりと休んでもらいたいのですが、そう簡単ではないかもしれません。

日本代表(U-22オリンピック代表)

オリンピックイヤーの2020年に向けてU-22の選手達も休ませてはくれません。U-22日本代表の今後のスケジュールを見てみましょう。

  • 11/17 U-22 コロンビア(広島)
  • 12/28 U-22 ジャマイカ(長崎)
  • 01/08 AFC U-23選手権(タイ、〜26日)

11/17のコロンビア戦に当初招集されていた田中選手は体調不良で辞退しました。U-22の試合は12月にも予定されていますし、年明け早々にはAFC U-23選手権がタイで開催されます。

(2019年11月20日更新)

12月28日の対戦相手がU-22ジャマイカ代表と発表がありました。

U-22日本代表の今年最後の試合相手はU-22ジャマイカ代表に決まる
2019年サッカーU-22日本代表は2020東京オリンピックに向けて強い相手と強化試合を戦ってきました。その総仕上げとして12月28日にU-22ジャマイカとの対戦が発表されました。このU-22ジャマイカ代表の実力はどのぐらいなのでしょう。

日本は開催国としてオリンピックの出場権は獲得していますが、このAFC U-23選手権にはオリンピック出場権がかかっており、参加国も本気で向かってくると思います。日本U-22代表も本気のチームとの良い対戦機会ですので、総力を上げて大会に臨むと思います。

田中選手、三好選手あたりは当確でしょう。もしかすると三笘選手、旗手選手まで招集はあるかもしれません。この大会に参加するとなるとフロンターレの1次キャンプに参加できないことは確実です。

スケジュールはなんとかならないものか

毎年この時期に感じるのは選手が休む期間が短いということです。ワールドカップがあればその年は開幕を早め、オリンピックがあればまた開幕を早めるようでは、2年に1度は休む期間が減ってしまいます。

天皇杯を1月1日に開催していることには歴史があることは理解しますし、Jリーグの秋開始案も、寒冷地での試合が難しいことや、寒い時期に家族連でスタジアムに足を運んでもらうことが大変なことを理解しており秋開始案には反対です。

しかし、こんなに厳しいスケジュールが改善されないようなら、いろんな案を本気で議論する必要があると思います。

コメント