2020 J1-11節 セレッソ大阪戦

試合情報

2020年 J1リーグ 第11節

8月19日(水)19:03 等々力陸上競技場 川崎フロンターレ vs セレッソ大阪

試合結果

川崎フロンターレ 5 – 2 セレッソ大阪

得点者

  • ブルーノ メンデス(7分、C大阪)
  • 脇坂(21分、川崎)
  • 家長(42分、川崎)
  • 小林(53分、川崎)
  • 瀬古(58分、C大阪)
  • 三笘(75分、川崎)
  • ダミアン(77分、川崎)

フロンターレ先発メンバー

旗手 小林 家長

大島 田中 脇坂

登里 谷口 ジェジエウ 山根

ソンリョン

フロンターレ交代選手

  • 三笘 in、脇坂 out(61分)
  • ダミアン in、小林 out(75分)
  • 守田 in、旗手 out(75分)
  • 宮代 in、家長 out(90+1分)
  • 車屋 in、登里 out(90+1分)

攻守のバランス

2失点して勝てる相手ではないはずだった

試合の入りは前から積極的にプレスをかけることができ、ゴールに迫ることもできていました。これはある種の罠で気持ちよく攻撃させられていたのかもしれません。前がかりになっていた時にGKからのフィードの対処を誤りあっという間に失点してしまいました。やはり右サイドの守備は気になりますし、相手チームをそれには気づいていることと思います。失点してからはいつものC大阪戦と同様の攻撃させられながらも跳ね返されてしまい、ときおり反撃をくらうことになりました。

ハンドの反則から得たFKを見事に決めたのは脇坂選手でした。あの角度からGKの裏をかくシュートは2019シーズンのJ1-24節札幌戦でも見せてくれました。C大阪もスカウティングはしていた筈だと思いますが、今シーズンはセットプレーにいろいろな工夫をしているフロンターレですので、そこまで気が回らなかったのかもしれません。いずれにせよ精度の高いキックでした。

その後じりじりする内容でしたが、追加点は山根選手の積極的な上がりからボールがつながった家長選手が受けた反則で獲得したPKでした。山根選手は前でプレーすることで相手に脅威を与えることができます。

後半開始直後の猛攻

後半開始から53分の3得点目迄のプレーは完璧でした。相手にほとんどボールを触らせることなく、攻撃を続けました。思わず、なんだこれは、とつぶやいてしまったほどでした。あれだけ圧力をかけながら攻撃を続ければ得点につながるのは必須でしょう。今シーズンで最も感動した10分間でした。C大阪にそこまでできるのですからやはり力は相当ついてきていると思います。

追加点を取った後に投入された三笘選手。すっかり全国区レベルの知名度のある選手になりました。ぬるぬるドリブルを警戒しているDFも多いと思います。この試合の4点目は相手の股の間を抜くシュートでした。得意なプレーのひとつです。5点目は左サイドをえぐったところからのセンタリングでしたが、相手DFが股の下を抜かれないように膝を折ってしまったために、三笘選手の縦への仕掛けに遅れたものでした。完全に相手のディフェンスをずたずたにした三笘選手。恐ろしい選手です。

順調な攻撃の陰で

守備陣の層を厚くする必要があるのではないか

この上なく順調な攻撃に比べると守備には改善すべき点が見られます。前節札幌戦もそうですが失点が軽すぎると思います。札幌戦では谷口選手が相手選手に見事に釣りだされたところにジェイ選手につけこまれました。C大阪戦の最初の失点は山根選手が相手GKからのフィードに簡単に入れ替わられてしまったものでした。どちらも前がかりになってうまくいかなかったプレーでした。チーム全体が前からの守備に取り組んでいますので最終ラインも前に出る必要があるとは思いますが、慎重な判断が必要です。

前のポジションは早めの選手交代やローテーションをうまく使いながら戦っていますが、最終ラインのやりくりはうまくいっているわけではありません。前線の選手とは必要とされる運動の量・質が違うとは思いますが、それでも出場時間が多すぎます。4つのポジションを主に谷口選手、ジェジエウ選手、登里選手、山根選手、車屋選手の5人で回していますが、実績のある山村選手の起用や、ジオゴ選手、イサカ選手、神谷選手など新しい選手を起用しないと、シーズン終盤のきつい時期に試すのでは遅すぎる気がします。

ルヴァンカップを順調に勝ち上がれば10月の中旬までほとんどの試合が中2,3日の間隔での試合になっています。中5日以上取れるのは2回だけという厳しいスケジュールです。巷では豊富な人材と5人交代制のメリットを存分に享受しているのがフロンターレといわれていますが、守備陣に関しては決してそんなことはないと思います。

奮闘する選手たち

登里享平

もう少しで2得点の可能性がありましたが、どちらも最後はFWに持っていかれてしまいました。あの位置まで入っていくことはさすがと思います。周りの選手が得点するのを見て、よし自分もと思っているのでしょう。ただ周りとの意思疎通がうまくいっていないのか時折見せるミスが気にかかります。大きな怪我にならなければよいのですが。

家長昭博

何事もなく復活してきて安心していました。プレーも心配するようなことはなく、2試合の欠場で心身ともにリフレッシュできたのかもしれません。家長ジュニアともいえる旗手選手の台頭で自分がベテランの域に入ったことを意識せざるを得ないと思いますが、もう一度シーズンMVPを取ってほしいです。今度は大量のゴールという結果を残して。

谷口彰悟

前からいまひとつ切れ味がないように感じられるのは疲労なのでしょうか。キャプテンの重圧ってあるんでしょうね。

次の試合

J1-第11節 8月23日(日)18:00KO

豊田スタジアム

名古屋グランパス

J1連勝記録を達成し未知の世界に突入したフロンターレ。どこまで連勝記録を更新し続けられるのか。強豪5連戦の4戦目は好調な名古屋です。ルヴァンカップの試合ぶりをみているとそんなに心配することもないように思いますが、しっかりと勝って記録を伸ばしましょう。