川崎フロンターレ 2019メンバー確定 GK、DF編

フロンタ01その他のフロンターレ
スポンサーリンク

2019メンバー発表

2019シーズンの最初のイベントである「川崎大師の必勝祈願」の前日夕方6時まで契約選手のリストが発表されずヤキモキしましたが、ようやく2019シーズンを戦うメンバーが発表されました。

補強した選手を含めてポジション毎に充実度を測ってみました。異なる意見をお持ちの方もいると思いますが、これは私の考えということでご了承ください。以下の4つの区分に分けて考えていきます。

  • 先発に名を連ねると思われる選手
  • ベンチに入りいつでも試合に出られる控え選手
  • 大きく成長を期待する選手
  • プロとしての基礎を鍛える時期である育成段階の選手

タイトルだけを目指すのであれば、育成段階の選手は重要ではないのですが、チームの中長期的な事を考えるとタイトルを目指しながら、次世代の選手を育てていかなければいけません。

ゴールキーパー

GKはこれまでと同じく4名です。(年齢は2019年1月1日時点のものです)

No名前年齢先発控え期待育成
1チョンソンリョン33
21新井章太30
23藤嶋栄介26
24安藤駿介28

先発に名を連ねるのはソンリョン選手です。ゴールマウスを守って3年。毎年失点を減らしているGKは今年も先発の座を明け渡すことはないでしょう。

新井選手は背番号を変えて心機一転です。センカンドキーパーとしてはレベルが高く、チームの雰囲気の盛り上げ役としても大きな仕事をしていると思います。セカンドキーパーの座からファーストキーパーへの扉は開くのでしょうか。

ファースト、セカンドキーパー以外の選手はシーズンを通してほとんど試合に出ることがない可能性があります。そんな環境のなかで移籍してきた藤嶋選手とフロンターレ歴10年以上の安藤選手はモチベーションを保ちながらの活動になります。

ポープ選手は大分トリニータに期限付き移籍してしまいましたが、フロンターレでは若手GKは育ちませんね。これもなかなか改善されない問題点です。

センターバック

センターバックは4名です。(年齢は2019年1月1日時点のものです)

No.名前年齢先発控え期待育成
3奈良竜樹25
4ジェジエウ24
5谷口彰悟27
29舞行龍 ジェームズ30

奈良選手、谷口選手を中心に回っていくと思います。二人とも若いのでまだまだ成長してくれるものと期待します。

ブラジルからから移籍してきたのはジェジエウ選手です。Youtubeの紹介ビデオを見ると、高くてスピードもありそうで、それでいてそんなにガツガツいかないタイプのようです。大きなポカをしない選手ならACLもJリーグも活躍してくれるものと期待します。

Youtube ジェジエウ選手プレービデオ

昨シーズンは怪我の影響もなくなり安定してベンチに入るようになってきた舞行龍選手は今シーズンは勝負の年です。

この4人に山村選手もセンターバックでの起用も考えられるので、十分厚い選手層になったように思います。

将来に向けては若手のセンターバックも育てていく必要があります。その候補として板倉選手がいましたが、チームから海外移籍を調整していると発表がありました。そうなると若手CBはいちから探さないといけなくなります。これは今後の課題です。

右サイドバック

ごっそり選手が抜けてしまった右サイドバックには新しく加わった2名です。(年齢は2019年1月1日時点のものです)

No名前年齢先発控え期待育成
17馬渡和彰27
26マギーニョ26

どちらも未知数でいちからレギュラー争いになるでしょう。どちらの選手にしても攻撃が好きそうな選手を取りました。

マギーニョ選手はビデオで見る限り、エウシーニョ選手よりも攻撃的な選手のように感じられます。ドリブルスピードもありそうです。身長がそれほど高くないので、守備面でのプレーがどうなのか気になるところです。今シーズンも車屋選手は自重気味にならざるを得ないのでしょうか。

マギーニョ選手プレービデオ

馬渡選手は右でも左でもサイドバックをこなせる選手です。昨シーズン期待されてサンフレッチェ広島に加入しましたがポジションを獲得できませんでした。レギュラー選手が抜けたポジションとは言え、競争相手はブラジルからの移籍選手。簡単に奪えるポジションではないでしょう。

いざとなったら鈴木選手や登里選手が右サイドバックに入ることもありえますが、そうならないことを祈ります。

左サイドバック

ここ数年変動のない左サイドバックはおなじみの2名です。(年齢は2019年1月1日時点のものです)

No選手年齢先発控え期待育成
2登里享平28
7車屋紳太郎26

特に言うことはありません。この二人が怪我無くプレーしてくれれば大きな破綻は起きないと思います。

一点だけ言うとすれば、車屋選手がどれだけ攻撃的にいけるかということです。右サイドバックとの関係もありますが、左右バランス良く攻撃できるようになってもらいたい。

一方で、タビナス選手を期限付き移籍でFC岐阜に出したのは正解だと思います。そろそろ実践経験を積まないといけない時期です。大きくなって帰ってくることを期待します。

(つづく)

コメント