dash64

フロンターレ

川崎フロンターレ 2019シーズン勝手に10大ニュース【3位】等々力陸上競技場にセンサリールーム登場

川崎フロンターレの2019シーズン勝手に10大ニュースの3位は、等々力陸上競技場にセンサリールーム登場です。知覚過敏などの発達障害の子供達が試合観戦できるような環境を準備した素晴らしい企画でした。
フロンターレ

川崎フロンターレ 2019シーズン勝手に10大ニュース【4位】いよいよ危ないフロンターレの経営?

川崎フロンターレの2019シーズン勝手に10大ニュースの4位は、「いよいよ危ないフロンターレの経営」です。優勝を続けることで収入が増加してきたフロンターレですが、成績が落ちると収入が減るのはプロの世界では当たり前のこと。今後の経営が心配になります。
フロンターレ

川崎フロンターレ 2019シーズン勝手に10大ニュース【5位】カオス状態の情報発信

川崎フロンターレの2019シーズン勝手に10大ニュースの5位は、カオス状態のフロンターレの情報発信です。フットワークの良いフロンターレは多くの方法で情報発信をしてきました。あれこれ手を出しすぎて中途半端になっていると感じています。
フロンターレ

川崎フロンターレ 2019シーズン勝手に10大ニュース【6位】Jリーグベストイレブン選出ゼロ

川崎フロンターレの2019シーズン勝手に10大ニュースの6位は、Jリーグベストイレブン選出ゼロです。2018シーズンの7名から一気に選出ゼロになりました。個人プレーが少ないフロンターレではチームの成績が悪いときはやむを得ないのでしょうが、寂しい結果でした。
フロンターレ

川崎フロンターレ 2019シーズン勝手に10大ニュース【7位】チケット電子化トライアル始まる

川崎フロンターレの2019シーズン勝手に10大ニュースの7位は、チケット電子化トライアル開始です。チケットの不正転売防止の手段のひとつとして、このチケット電子化があると思います。2020シーズンより本格導入とされていますが、果たして不正転売は防止できるのでしょうか。
フロンターレ

川崎フロンターレ 2019シーズン勝手に10大ニュース【8位】等々力陸上競技場第2期整備はどうなる?

川崎フロンターレの2019シーズン勝手に10大ニュースの8位は、等々力陸上競技場の第2期整備計画です。バック・ゴール裏スタンドの整備は喫緊の問題ですが、等々力緑地全体の整備に民間提案が提出されたため、第2期整備計画が遅れないか心配になります。